九十九里浜の長さが99里ないのは何故?

千葉県房総半島の東岸に位置する九十九里浜は太平洋に面していて、日本で一番長い浜です。

日本の白浜青松100選と渚百選に選定されている遠浅の美しい浜で、夏には海水浴が人気のスポットとなっています。

九十九里浜の長さを九十九里という名前から考えてみると、1里が約4㎞なので4×99で約396㎞になりそうです。

しかし、実際の長さは約66㎞なのです。

あまりにも違いすぎるので、1里が本当に約4㎞なのかという疑問もわいてきます。

じつは、かつて1里の長さは地方や測定する人により異なっていて、1里が約4㎞とされたのは豊臣秀吉の時代からで、定着したのが江戸時代、全国的に統一されたのが明治時代だそうです。

源頼朝が九十九里浜を測定することになり、6町で1里としました。

1町が約109mなので、6町だと654mあります。

頼朝は1里ごとに砂浜に矢を突き立てて測定しましたが、浜の端までで99本目となり、99里だということで九十九里浜という名前になったというわけです。

この伝説の真偽は不明ですが、一里は4㎞でなかったということが想像できます。

鎌倉の七里ガ浜でも九十九里浜と同じように、1里を4㎞として換算すると28㎞になるはずですが、実際の長さは約2.9㎞です。