高田馬場駅の駅名の由来

東京の高田馬場駅はJR東日本、西武鉄道、東京メトロの駅で、東京都新宿区高田馬場1丁目にあります。

馬場といいますが、高田馬場駅の周辺に乗馬や流鏑馬など馬術競技の練習場などがあったわけではありません。

駅が完成したとき、高田馬場という駅名に地元の人の多くが反対していて、当時の地名から戸塚町駅や諏訪町駅、諏訪の森を駅名にしたいという声があったのですが、鉄道院(国鉄の前身)がなぜか強引に高田馬場駅という名前にしたそうです。

住民の反対を押し切って鉄道院がこの駅名にした理由についてはいくつかの説があります。

たとえば、赤穂浪士四十七士のひとりである堀部安兵衛(堀部武庸)の仇討ちがおこなわれた場所が高田馬場だったことに由来するという説です。

叔父の菅野六郎左衛門に助太刀して仇を数人切った安兵衛は、豪傑として知られています。

安兵衛の伝説となった高田馬場の決闘がおこなわれた場所として有名だったので、その高田馬場を駅名にし、知名度を高めようという目的です。

本来の高田馬場は新宿区西早稲田3丁目にあって、早稲田大学の西側に東西約650メートル、南北約60メートルの横長の地です。

江戸時代の高田馬場の決闘もその地で戦われたものです。